学びをアウトプットするブログ

URLを決めるのに日本語をgoogle翻訳してURLにする

ブログのURLは自動で付与することもできると思うけど、自分でカスタムして作成している人も多いと思う。 僕もその一人で、日本語のURLは嫌なのでページのURLを日本語で考えてGoogle翻訳で英語にしたものをURLにしている。

これだと簡単にURLが決められる。 このブログは静的サイトジェネレーターのmiyadaikuを使っていてファイル名がURLになるのでそこでも同じ方法でやっている。

でもGoogle翻訳を使うと例えば「カメラが壊れた」を翻訳すると「The camera is broken.」となる。 最初が大文字で、単語間にスペースができてしまう。

このままファイル名にできない。

そこで簡単にURLにつかえるようにしてみた。Pythonで書いてる。

スペースをハイフンに置換して大文字を小文字化する

ブラウザーで翻訳したもののをコピー・ペーストして使えるようにしてみた。

#! /usr/bin/env python
#-*- coding: utf-8 -*-
import sys

def site_title():
    del sys.argv[0]
    title = '-'.join(sys.argv)
    low_title = title.lower()
    print(low_title)


def main():
    site_title()

if __name__ == '__main__':
    main()

ターミナルで実行する

$ python ファイル名.py The camera is broken
the-camera-is-broken

これをコピペすれば使える。 そもそもコンテンツを置いているディレクトリに出力するようにすれば、コピペの必要もない気がするけど。 とりあえず。動くし。